朴葉寿司

2014.5.19|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

朴葉寿司は岐阜県と長野県と奈良県の郷土寿司として知られていますが、同じお寿司でも地域によって作り方が違っています。

奈良県は、同じく奈良県の郷土寿司である柿の葉寿司と作り方がほとんど同じで、柿の葉を朴の葉に変えて包んだだけですが、

長野県は朴の葉の上に酢飯をのせて、その上に山菜やシイタケ、錦糸卵などの具材をのせてから包みます。

流れ的には同じように感じますが、奈良県の場合はあらかじめ寿司の形を整えてから包むのに対し、

長野県は朴の葉の上にそのまま酢飯をのせネタをのせながら段々と食べやすいように形を整えますので、見た目も円形に近い形になっています。

岐阜県の朴葉寿司は飛騨地方、東濃地方、中濃地方によって作り方が異なり、

中濃地方は酢飯の中に具材を入れて混ぜてから朴の葉にのせて包みます。

東濃地方の作り方は長野県の朴葉寿司と近く、朴の葉の上に酢飯、具材の順番にのせて、

お寿司を四角い形に整えてから葉を包み紐で縛ります。

飛騨地方は酢飯を作る前に寿司ネタに使う魚を食べやすいように切り、生のまま1晩ほど酢に付けておき、

酢飯と一緒にミョウガと一晩お酢漬け込んだ寿司ネタと入れて混ぜ、お酢がご飯に馴染ませるように蓋の代わりに朴の葉を被せてから、

各自で食べたい量のお寿司を朴の葉にのせて食べます。

葉02

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。