柿の葉寿司

2014.5.19|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

柿の葉寿司は奈良県と和歌山県と石川県の郷土寿司であり、

奈良県と和歌山県は一口大の大きさのすし飯に鯖や鮭や小鯛の切り身を合わせてから、

柿の葉っぱで包んで押しています。石川県は柿の葉っぱの上に寿司飯をのせ、

その上にネタとなる鯖や鮭や小鯛や鰤、いろどりを良くするために桜エビや海苔をのせます。

次に寿司わくの中にお寿司を並べ、更に蓋を被せるように柿の葉をのせます。

その上に重石をおき、大体半日から1日くらいその状態のままにしてから、美味しく頂きます。

柿の葉には殺菌作用があり寿司に巻くことで保存ができることから、夏や秋祭りで家庭で楽しむだけではなく、

郷土のお土産品や駅弁としても愛されています。食べる時には柿の葉をきれいに剥がして食べることなく捨てますが、

お寿司には柿の葉と酢飯の匂いが合わさっていて、口の中に入れた時に柿の葉の風味が

フワッときたと思ったら鯖や鮭のネタの味を堪能することができるので、柿の葉寿司を食べる時の醍醐味ともいえます。

柿の葉寿司を販売しているお店は多くあり、メーカによって入っているお寿司のネタは違っていますが、

定番のネタである鯖や鮭が入っていませんと柿の葉寿司を食べた気にはなりませんね。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。