めはり寿司

2014.5.19|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

めはり寿司は、和歌山県と三重県の境目にある熊野地方や奈良県の吉野郡にある郷土寿司で、

握り飯に浅漬けや塩漬けにした高菜の葉を包んであるのが特徴です。

地域によっては、大葉寿司や高菜寿司など呼び名が変わってきます。

元々は、その地域で山仕事や農作業で働く人たちが弁当として作り食べたことがはじまりで、

当時は白米ではなく麦飯を大きく握って高菜で包んでいました。

その握りの大きさに、目を見張るほど大きな口を張りながらがぶりついて食べたことから、

めはり寿司という名前が付けられたと由来とされています。

和歌山県では県の特産品として扱われており、寿司飯にゴマを加え食べやすい大きさにして浅漬けにした高菜の葉で包み、

JR新宮駅の駅弁をはじめ関西国際空港の空弁や有名百貨店、和歌山県内ではコンビニでも販売しています。

また一般家庭でもめはり寿司を作られており、シンプルに白米や酢飯をおにぎりにして包んだり、

ゴマやじゃこ、鰹節、高菜の軸を細かく刻んで混ぜてから、おにぎりにして浅漬けや塩漬けにした高菜の葉を包み、

中にはたくあんや梅干しなど副菜と合わせながら食べますので、家庭によって違う味を楽しむこともできます。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。