秋刀魚寿司

2014.5.19|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

秋刀魚寿司は文字通り秋刀魚を寿司ネタにしている押し寿司で、

三重県志摩半島や和歌山県熊野灘沿岸一帯で愛されている郷土寿司です。

普段食べるお寿司ではなくお祝い事や祭り行事などの際に食べられ、三重県熊野市では1月10日を秋刀魚寿司の日として、

産田神社でおこなわれる例祭のあとには秋刀魚寿司が出されます。

秋刀魚寿司は秋刀魚を開きにしてから軽く塩漬けにし、酢飯を作った後に秋刀魚が1本入るくらいの枠の中に酢飯、

塩漬けにした秋刀魚を開いたままのせ、両手で押しながら完成させます。

中には香り付けとしてお好みでゆずやダイダイなど使い、JR新宮駅では駅弁として販売しています。

また同じ地域には秋刀魚寿司だけではなく、秋刀魚と米飯を一緒に漬け発酵させたなれずしもあり、

日本各地にあるなれずし同様に古くからある郷土寿司です。

中には何十年も漬け込んだものもあるので、寿司ではなく珍味としてお酒のつまみとしても愛されています。

秋刀魚寿司は駅弁や地元の飲食店でも食べることができますが、スーパーなどで手軽に購入できる食材ということもあり、

一般家庭でも作ることができ目と鼻と舌で楽しむことができることから、おもてなし料理としても最適です。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。