笹寿司

2014.5.19|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

笹寿司は、石川県の白山麓地域や能登地方、長野県、新潟県の郷土寿司です。

石川県の笹寿司はクマザサの葉の上で四角い形に整えてから、葉を包んだ後に箱に詰めて重石などで圧をかけますので、

押し寿司と同じような感じに仕上がります。お祭りの時に食べるお寿司なので、

寿司ネタには鮭や鱒、鯛など地域で取れた魚を使用し、

ネタの上にのせる薬味としてレモンやショウガ、ゴマなどをのせることで、彩りよく仕上げます。

長野県や新潟県の笹寿司はクマザサの葉の上に寿司飯をのせ、

その上にわらびやタケノコ、ゼンマイ、錦糸卵など地域で取れた山菜などを寿司ネタにし、

葉を包んでから持ち運ぶ場合には紐で縛り、すぐに食べる時には包んだ状態で食卓に出すことがあります。

それぞれ笹寿司を作る時にクマザサの葉の使う枚数も異なり、石川県は2枚に対し、長野県や新潟県は1枚で収まるように作ります。

また新潟県の上越地方ですと笹の葉を箕の形にすることで、笹の箕寿司とし出されることがあります。

石川県の笹寿司とは違い、圧をかけるわけではないのでお寿司の形状や食感が違いますが、

郷土寿司として石川県の笹寿司を販売していることもあり、こちらの方が馴染み深いですよね。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。