島寿司

2014.5.19|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

島寿司は伊豆諸島の八丈島の郷土寿司で、見た目は握り寿司と変わりませんが

寿司のネタを醤油に漬け込んでいることやわさびの代わりに練りがらしにしていたり、

酢飯を砂糖の量と多くすることで通常の寿司飯と比べやや甘くしているところは、

同じ東京のお寿司と明らかに違いがありますね。

また寿司ネタを醤油に漬け込んでお刺身の色にやや赤みが付くことから、

べっこうずしと呼ばれることもあります。

伊豆諸島は元々寿司を握る文化はなかったのだが、本島からの移民が伊豆諸島でも寿司を食べたいという強い思いで独自に考案し、

現在の島寿司の形となりました。当時の伊豆諸島にはワサビがなく辛さを再現できるように練りがらしで代用したのだが、

現代はワサビが手に入っても寿司には使うことなく、今でも島寿司には練りがらしが入っています。

元々は八丈島の郷土寿司ですが、小笠原諸島へ移住している人も多いので小笠原諸島でも同じような島寿司を作っているところがあります。

基本的には握り寿司として出されていますが、場所によってはネタや岩のりのつくだ煮などを酢飯に混ぜてちらし寿司風に作ることもあります。

また八丈島だけではなく、沖縄県の大東諸島にも同じような大東寿司があり名前が違いますが、

八丈島から来た移民から持ち込んだ食文化を大東諸島流にアレンジしていますので、扱っているネタや調味料が若干違っています。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。